テレビのアンテナは何のためにある?

アンテナには、ラジオやいつも使っているテレビや携帯電話など、たくさんの種類があります。普段はあまり意識していない人も多いでしょうが、いろいろな機器を使うためにはアンテナはとても大切なものなんです。
テレビの視聴などを楽しむためのアンテナですが、いったいどのような役割をはたしているのでしょうか。アンテナは、給電線から送られた高周波の電力を効率的に空間に放射し、それを受け止めて給電線に送りこむ装置です。
アンテナの送信機は、高周波のエネルギーを空間へと放ちます。受信機は、放たれたエネルギーを捉えて電気へと変えるのです。ですから周波数に合った長さのアンテナを使わなければ、上手く電波を送受信できないんです。
どんな家でも、テレビをコンセントにつないだだけでは見ることができません。アンテナは、テレビを見たり他の機器を利用する人にも絶対に欠かすことのできないものなんですよ。

テレビが映らない!原因と対処法は?

テレビが映らなくて困った時はまず、電源をコンセントに繋いでいるかを確認します。繋がっていれば、ブレーカーやコンセントが故障している可能性があります。配線ミスの可能性もあるので、裏の配線としっかりとケーブルが差し込まれているかを確認しましょう。
そこまで確認できたら、受信に必要なカードが本体にきちんと入っているかを見てください。引っ越したことでチャンネル設定を変えなければいけないのに、設定変更をしていないことも考えられます。
もしアンテナチューナーを利用している場合は、チューナーの故障もあり得ます。接続を確認し、故障していたら修理か交換をしてくださいね。BSアンテナの向きで映らないこともあります。
外に設置されている分配器の故障や、落雷などによる悪天候で、アンテナへ電波が届かなくなることで映らなくなることもあります。それらをチェックしても原因がわからないときは、専門家に見てもらってくださいね。

テレビの映り具合が悪くなった時に真っ先に疑うのがアンテナの不具合ではないでしょうか。室外アンテナの場合、普段はほとんど目にしないですから、不意の修理が必要になった時にはどうしたらよいか戸惑ってしまうものですね。

© Copyright Outdoor Antenna. All Rights Reserved.